住宅リフォーム

家族みんなが安心して暮らせる家。私たちと一緒に始めてみませんか。

住宅改修サービス(手すりの取付、段差解消等)

ただ単に手すりをつけ、段差を解消するだけがバリアフリー住宅ではないと私たちは考えています。
家は、介護の場でなく生活の場です。


心のバリアを改修できる本当のバリアフリーを目指して『生活を楽しめる住宅改修』をしていきたいと考えております。
本当にお客様に必要な改修工事なのか、生活の場に適しているのか、一度一緒に考えてみませんか。

介護保険対応住宅改修

介護保険制度では、「要支援」または「要介護1~5」と認定された在宅の方で、住宅改修が必要な人に対し、一生涯で20万円まで、住宅改修の9割を補助してくれます。
ただし、改修内容については条件がありますので、ケアマネージャーと相談の上、市町村への申請が必要です。手続きは、私たちがいたします。ご安心ください。


また「要支援」「要介護」のランクが3段階以上あがったとき(例えば要介護1の人が要介護4になった場合など)や、転居した場合などは改めて20万円まで給付を受けることができます。

住宅改修工事が1割負担で利用できる工事


(1)手すりの取付
玄関、廊下、階段、トイレ、浴室、洗面所などの屋内に設置する手すりの他、出入り口から道路までの屋外手すりにも適用されます。

(2)床段差の解消
引き戸レールや敷居の段差を撤去したり、玄関や浴室、出入り口などの段差をスロープや踏み台、床工事などで解消する場合に適用されます。


(3)すべり止め及び移動の円滑等のための床材の変更
車イスが利用しにくい畳床や歩行時に滑りやすい床を、フローリングや固い床材などに変更する場合に適用されます。


(4)ドアを引戸に変更
介護を必要とする人が開けにくいとされる開き戸を、引き戸や折れ戸、アコーディオンカーテンなどに変更する場合に適用されます。
また手首を傷めていたり、握力が低下している人でも操作しやすいドアノブや戸車の設置も含まれます。


(5)和式便器から洋式便器への取替
和式便器よりも介護しやすく、かつ介護されやすい洋式便器への交換や、便器の高さを変更する必要がある場合の洋式便器の取替えに適用されます。


(6)その他(1)~(5)の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

また、介護保険を使わない住宅改修も承っております。お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。


[ TEL:089-962-2941 ]